かかってきた電話を自分が指定した電話に転送する場合、どんな機能やサービスがあるのかを紹介します。

個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する
個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する

電話の転送機能にはどんな種類がある

個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する
家は仕事がら留守がちで、電話に出ることができない。留守番電話に設定してもいいけど、大切な電話も多く直接電話に出たい。そんな時は、電話の設定に転送サービスを追加すると、自分が指定した電話に転送することができるので、直接相手と話ができるようになります。転送サービスには、いくつかの機能があるので紹介します。

まず、無条件で電話を転送する機能です。これは、あなたが指定した転送先にかかってきた電話をすべて直接転送するサービスです。転送するよう設定した元の電話には出ることができません。次に、転送設定はしているけど、転送元にかかってきた電話に出ることによって、電話を転送することはなくなるサービスです。コール音は1回から9回まで指定できるようです。その間に電話に出ることができなかった場合のみ、転送するサービスです。また、転送するサービスを設定している電話にかけてきた相手に、この電話は転送中ということをお知らせする機能もあります。リモートコントロールによってかかってきた電話を転送することもできます。外出している時に、電話の転送を始めるのか、止めるのかの設定ができます。また、転送先の変更もリモートコントロールですることができます。その場合、142+7にプッシュ回線から行うことで無料でサービスが利用できます。また、携帯電話やPHSからリモコン用のアクセス番号にかけてサービスを受ける場合は有料になります。転送サービスにも機能は色々あるので、自分のライフ生活にあった機能を利用するようにしましょう。

注目情報

  • 鍵(岡山)についてはこちらのサイトがおすすめ。

Copyright (C)2017個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する.All rights reserved.