社内間の電話なら、転送することで、他部署にいる人に、電話を回すことができます。便利ですが、結構大変です。

個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する
個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する

電話の転送ってなれないと大変です。

個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する
家の電話を転送するのもちょっと大変と思ってしまうのですが、会社のものは慣れるまでは大変ですね。10年前まではOLだったのですが、この転送というのは、なかなか覚えるのが大変でした。結構難しいんですよね。最初に配属されたのは、品質検査という部署で、できあがった製品のチェックをするというものです。なので、外部からの電話というのはないのですが、社内間の電話というものは、結構あるんですよね。そこに人がいるといいのですが、いないときには、転送ボタンをおして、部署の内線コードというものを押したら、電話は転送できます。でも、そこでもいないときにはあっちこっち回すことになるんですよね。そこまでして、その人を捕まえても、資料が手元にないから分からないということもあります。

この間、自分の仕事は止まってしまうので、これまた困るんです。仕方ないので、要件を聞いて、メモをとったりするのですが、これって、ここまで、結構な時間のロスになるんですね。だから、みんな電話というものをとるのが嫌になって、結構コールが長くてもとらない人も多かったです。この電話の音で、内線か外線かがわかるようになってるので、外線はでても、内線はでないかもという人もいるし、逆もいます。たかが電話なのですが、ビジネスでは重要になることもあります。この1本の電話で仕事をよそにとられるということもあるんですね。だから、重要なんですが、面倒なことも多いなって思います。簡単に電話がつなげたらいいですね。

注目情報

Copyright (C)2017個人で仕事をするなら電話の転送サービスを利用する.All rights reserved.